ご利用までの流れ.利用料

健診や発達相談会、ことばの相談会などで療育を
勧められた場合等、お気軽にご相談ください。
また日常生活や発達、ことばについてご不安に  感じられている場合などお気軽にご相談ください。
施設見学についても随時行なっております。
身体障害者手帳、療育手帳の有無は関係ありません。
下記の利用までの流れを参考にしてください。
早めに療育を受けたい場合は、市町村窓口、相談支援事業所への相談を先にお勧めします。
相談支援事業所によっては、計画作成までに時間を要する場合もあります。

こども発達サポートAnge(あんじゅ)
電話 0994-36-8753
携帯 070-4138-9738
📩ange@aroma.ocn.ne.jp

①見学予約
②見学
③相談予約    相談予約表、問診表記入
④相談    紹介状、母子手帳等の資料、発達の経過等  
    の問診。評価スケジュール調整
⑤評価、支援計画作成
    評価後会議    評価内容、分析、療育内容、頻度、    
    支援計画修正(児童発達支援管理責任者)
⑥説明日程調整    個別支援計画作成(児童発達支援  
     管理責任者)
⑦説明    評価内容、分析、療育内容、頻度、説明内 
   容の承認とサイン、療育スケジュール調整
⑧受給者証の申請 ※紹介元への報告
⑨受給者証発行
⑩ 契約
    療育開始
利用料
原則として1割負担となりますが、自己負担上限額はご利用者ごとに異なります。
お住まいの市町村の独自助成により無料で利用できるところもあります。
令和2年4月時点、大隅地域は市町村独自助成で自己負担分は自治体より助成されます。
児童発達支援については幼児教育、保育の無償化の
対象になります。
いずれも、最寄りの市町村窓口にお尋ねください。